<< ロンドンオリンピックですね~ 作るつもりですが・・ >>

なんちゃって金継ぎ

金継ぎとは、

割れたり欠けたりした焼きものを漆で接着し、繕った部分を金を装飾していく修理方法のことです。

でも、うるしの扱いは大変そうですし、後始末も大変そう。

うるしで仕上げるのが本物だとすると 私たちの方法は、言うならば「なんちゃって金継ぎ」です

エポキシ系の接着剤やパテを使って 欠けやヒビを繕ってから

その部分に新うるしに真鍮粉(金箔の代わり)を混ぜて、濃度を調節してから接着部分に載せていきます。

私は 今回は大きく欠けたものはありませんでした。

欠けが大きくても意外とバッチリ使えるものに蘇ります。

捨てればただのゴミですが

今日は5個の器が蘇りました。

e0187763_2115299.jpg

[PR]
by lemon_11 | 2012-07-30 21:18 | 雑記
<< ロンドンオリンピックですね~ 作るつもりですが・・ >>