<< 11才になりました。 カルトナージュ二作目 >>

敬老の日

敬老の日は「老人を敬愛し、長寿(ちょうじゅ)を祝う」国民の祝日と謳われている。

買い物帰りに食事に入った店には家族連れが多く目立った。

敬老の日であるからこそ 家族団欒の風景もあるってことですかね。

プレゼントを開けたり、一緒に写真を撮ったり

幸せオーラに包まれていました。

我が家も、例にもれず、昨夜、同居の義母を連れて食事に行きました。

とても嬉しそうでした。

今夜

賑やかに家族で過ごされている方も多いと思います。

そんな敬老に日の風景を見るにつけいろいろ考えてしまいます。

子が出来、孫が出来、家族から長寿をお祝いされるご老人はお幸せです。

そうではない人もたくさんおられることを思ってしまう。

私は子がいる、しかし孫は授からないかもしれない。

そうなると、家族の中では「おばあちゃん」に成れないわけだ。

私はまだ良い。子供がいるのだから。

家族に恵まれない方もおられるわけで・・・・・

そう言う立場にある人はどのようにこの日を迎えているのだろう。

老人になるってことはまだ現実味がない。

が、おぼろげながらも想像してしまった。
[PR]
by lemon_11 | 2012-09-17 19:27 | 雑記
<< 11才になりました。 カルトナージュ二作目 >>