タグ:ドラマ ( 4 ) タグの人気記事

あなたに似た誰か

テレビっ子の私は予約録画してあるものがどんどん溜まる

今日は時間が出来たのでためておいたものを消化!
減らさないとね!

「あなたに似た誰か」の三回分をみました。

これらはBSのドラマで、BS番組はつい見逃してしまうのが常なのですが
今回はぎりぎり間に合って予約録画。

面白いかどうかも分からない・・・・と期待していなかったのだが…

期待がないのが良かったようで
3本共に短いながらも心に沁みるいいドラマでした。

1回目は、自分のせいで離れてしまった妻と子供を思う男の物語

2回目は 事故で記憶が抜けてしまった男と恋人との優しい思いを綴った物語

3回目は 嫁姑の確執、夫婦間のずれで離婚した男性の物語。嫁と母親との狭間に身を置く男性の心の変化が描かれている。


全てに共通している主題は「あの時、もしも違う選択をしたら・・・」ということかな。
踏み出した一歩で人生どのようにも変わるということかな。

私の人生にも誰かの人生にもこんなことが起こりうるかもしれない
そんな思いにさせるドラマでした。

特に3回目の物語は 姑と共に暮らす私には現実とリンクする。

例に漏れず 我が家も嫁姑問題は存在した。
姑は彼女の夫(舅)との仲が良くなかった分、息子に目が行ってしまうという悲しい現実が背景にある。
このパターンは最悪だよね。
大事な息子を嫁に取られちゃった感が満載になちゃうんでしょうね。

彼女の理不尽な言い分で離婚騒動が起こったのも一度や二度ではない。

が、その都度、双方の意見をじっくり聞いてくれて、
私を理解してくれたり、守ってくれたりした夫がいた。
だからこそ今の幸せがあるのだと思っている。

ドラマを見終わった時、自然と「ありがとう」の気持ちがふわぁ~と湧いてきた。

あ、蛇足ですが、べったり同居は解消して
衣食住に区切りを付けて二世帯住宅にしてからは
姑とも平穏な関係を保っています。

今は、ま、相性がありますから仲が良いとは言いません(笑) が、平和に暮らしていますよ♪

それにしても、
今の私は体も心も少し疲れていた時でしたので
そんな時に見た「このドラマ」は温かい気持ちを与えてくれて
今日の午後は気持ちよく過ごせそうだ・・・と思っています。
[PR]
by lemon_11 | 2013-09-07 15:02 | 映画・ドラマ

朝のドラマ

毎朝のドラマ
いつの頃からか毎朝予約撮りになっていて見る習慣がある。

なんとなくずっと惰性で見ている

前回までのは
へんてこりんで あまり面白くなかったなぁ。
脚本が良くなかったわね・・

今期の朝ドラ「あまちゃん」は朝から愉快。
気分爽快

やはり朝はこの方が良い。


主人公のアキちゃん
可愛いなぁ~
じぇじぇ・・っていう時の顔がまたかわいい。

普段の生活会話に使ってしまいそう!!

「じぇじぇじぇ・・・」って(笑)


あ、見ていない方へ
「じぇ」は驚いた時に使いうんですって!
[PR]
by lemon_11 | 2013-04-25 23:10 | 雑記

パパ+じぃじ=ぱじ

今夜のドラマ

「ぱじ」

には

泣かされたなぁ…

ぱじと孫娘ももとの物語

心があたたかくなった

ぱじが言う

『ももから毎日宝物を頂いているようなものだね』



そうか・・・

子育てしている時には気が付かなかったけれど

子供たちから

毎日、宝物を頂いていたのだ・・・
[PR]
by lemon_11 | 2013-03-27 23:55 | 雑記

カンパニーメン

e0187763_18343829.jpg

カンパニー・メン
2010年、ジョン・ウェルズ監督作品、アメリカ映画

日本では 2011、秋にロードショーされた作品

ベンアフレック主演
トミーリージョーンズ・クリスクーパー・ケビンコスナーなどそうそうたる出演者

我が夫がTのつくレンタルショップでネットレンタルしているものですから
いつも沢山のDVDが送られてくる。
たまにその中から私が好きそうなものを勧めてくる。
今回はこれを薦めてくれた。


人生、いつ何時何があるかわからないという誰にでもある現実。
その時に家族は・・友人は・・自分は・・

主人公のエリートの彼は、ある日突然、解雇される。
思うにままならない再就職
とことん追い詰められていく。

自分の仕事(優秀なビジネスマン)に誇りともおごりとも感じる自信を持っている主人公が
仕事を切られ、再就職もままならず、
思いもかけなかった仕事にも就いてみるが ものにならず・・・。

ずっとエリートで行くはずだったのにと思いながらも思うようにならない現実と戦う。

その夫を、家族はつらく当たらず支える。
周りの人たちの暖かい思い。

主人公の頑張る姿。
諦めない姿。

私は涙もろいから涙ぐみながらの鑑賞。

最後には明るい前向きにおわる映画なので見ていて心が気持ちが豊かになった。

私にとってはとても見ごたえがある作品だと感じた。
どうしてこの映画をロードショーで見なかったのだろうか

詳しいあらすじはネット検索でどうぞ!

お勧めしたい映画の一つです。
[PR]
by lemon_11 | 2012-09-07 18:40 | 映画・ドラマ